大阪在住の人が船釣りでヒラメを釣る方法

ヒラメの締め方、捌き方と食べ方全部まとめました!

ヒラメを釣ったはいいものの、スーパーなどでヒラメを丸ごと購入することはほとんどないので、どのようにして料理に使えばよいのかがよくわからないという方は多いことと思います。そこで、初心者でも簡単に行うことが出きる、ヒラメの締め方と捌き方、そして食べ方までをポイントをふまえながら簡単にご紹介させていただきます。

まずは、ヒラメを正しい締め方で締める必要がありますが、ヒラメは一度死んでしまうと体内で酵素が沢山発生して鮮度が落ちるスピードが速くなってしまうため、生臭さが残ってしまい良くありません。そのため、できる限り新鮮なうちに手早く締めて冷やして保管することが大切です。正しい締め方は、まずは背中を手前にしてエラの付け根の部分に刃を入れて、血管と背骨を切るようにしっかりと切り込みを入れます。そして、尾の付け根部分も同様に切り込みを入れ、しっかりと血を絞り出し、濡れた新聞紙などを敷いた上にヒラメをおいて冷やしながら持ち帰ります。

家に持ち帰った後は、正しい捌き方で5枚に下すのが基本であり、そのためにまずウロコの適切な処理が必要です。ウロコを取る方法としては包丁を使う方法とタワシを使用する方法がありますが、初心者はステンレス製のタワシを使用することで比較的簡単にウロコを取ることができます。包丁しかない場合には、ウロコと皮の間に包丁を寝かせて少しずつ包丁を動かしながらウロコを取り除きましょう。表面の処理が終わったら、裏側も同様に処理を行い、全てのウロコ取りが完了したら頭を落として内臓を取り除き、はらわたを掃除します。そして、この一連の下処理が完了したらあとは5枚におろして完成です。

ヒラメの食べ方としては、煮つけや唐揚げ、シンプルな塩焼きやソテーなど様々な方法がありますが、その中でも特に簡単に作ることができてかつおしゃれにおいしく食べることができるムニエルはおすすめです。ムニエルの作り方は簡単で、まずは皮の余分な水分を取り除き、塩コショウで下味をつけた後に薄力粉をまぶします。そして、オリーブオイルを熱したフライパンで両面をこんがり焼いてから白ワインを入れてすこし蒸し焼きにし、最後にバターとレモン汁と醤油を加えてすこし炒めたら完成です。ムニエルにするとヒラメの皮までこんがりと美味しくたべることができるので、今まで試したことが無いという方は新鮮なヒラメを使って一度挑戦してみてはいかがでしょうか。