大阪在住の人が船釣りでヒラメを釣る方法

ヒラメの船釣りには外道がつきもの、マトウダイをおいしく食べる方法

ヒラメを釣る目的でイワシを餌として使用していても、どうしてもその他の種類の魚が釣れてしまう場合は多いですが、その中でも特にヒラメの船釣りで有名な外道として知られているのがマトウダイです。外道が釣れてしまうとガッカリしてしまう方も多いとは思いますが、マトウダイは工夫次第では比較的美味しく食べることができる魚でもあります。そこで、マトウダイをおいしく食べる方法についてポイントを踏まえながら解説させていただきます。

マトウダイという呼び名はあまり聞きなじみが無い方も多いかとは思いますが、大きな口の上顎が著しく伸びていて、馬の顔のような見た目をしているためこの名前が付けられており、体の中心には的のような波紋が描かれていることも特徴で、マトと呼ばれることもある魚です。主に沖合の水深60センチから100センチ程度のエリアに生息しており、歯がほとんどない物の肉食です。

全長はおおむね50センチほどあるので大きさ的にはヒラメとそれほど変わらないサイズであり、特に秋から冬のシーズンにかけて脂がのって美味しくなります。1匹釣れるとまとまって捕獲されることが多く、ヒラメを目的に船釣りに来ている人たちからは嫌われることも多い魚です。

マトウダイを食べる際にはまず適切にさばく必要がありますが、頭をまず初めに切り落とすと同時に内臓や血合いを取り除き、両側のヒレの付け根のあたりから包丁を入れます。真水でざっと洗ったら3枚におろしておくと、その後調理がしやすいのでお勧めです。

マトウダイは高級魚とも知られており、そのままの味を楽しみたい場合には刺し身として醤油をつけて食べることもできますし、そのままシンプルな塩焼きにするのもよいでしょう。ひと手間加えた料理をしたい場合には、みそ漬けにしてから焼くことでよりうまみが増しますし、小麦粉を付けてからバターでカリッと焼くとムニエルとして楽しむこともできます。小骨が少なくて食べやすいこともマトウダイの特徴なので、ワインやローズマリーなどのハーブ類を使用してソテーして洋風に仕上げても美味しく食べることが可能です。

このように、マトウダイはヒラメの船釣りをする人からは外道として嫌われてしまいがちな魚ではありますが、高級魚として知られる魚でもあり、様々な調理方法があるので、せっかく釣れたのならば捨ててしまわずに刺し身やムニエルなどにしておいしく食べてみてはいかがでしょうか。