波を打っている海

ヒラメは船釣りの特権ではない!サーフで狙う

波を打っている海

ヒラメを釣るためには船が無いと難しいと思い込んでいる方は多いのではないでしょうか。しかし、実はヒラメは船釣りだけではなく、サーフでも十分に狙うことができる魚であることが知られています。そこで、サーフでヒラメを釣るために知っておくべきポイントをいくつかご説明させていただきます。

まず、釣るにあたってヒラメの基本的な習性を理解しておく必要がありますが、ヒラメは砂地に潜って移動する習性を持っているため、餌となる小さい魚がたくさん集まる沿岸部のサーフがとても良いスポットです。また、磯や岩場などの岩礁部分にも生息し、特に小魚の数が増える秋のシーズンはより多くのヒラメに遭遇することができます。

サーフでヒラメを狙う際には、広大な敷地の中から特に良いポイントを選択することが非常に重要ですが、初心者だとどのように選べば良いのかよくわからない場合が多いでしょう。そこで着目するべきなのが、離岸流という潮の流れです。離岸流とは海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとしているときにできる、局所的な引き潮のことです。この離岸流が発生している場所には一般的にヒラメの主食ともなるベイトフィッシュという魚が多く集まるため、より釣りやすい環境が整っています。

更に、離岸流が起こっている部分では引き潮によって砂がさらわれ砂利や小石などがたまりやすくなっているので、それ以外の場所に比べると波があまりたたないことも特徴ですので、この特徴を踏まえてどこに離岸流が起こっているかを見極めることが重要です。そして、より効率よく釣るためには潮の満ち引きを見極めることも大事で、潮が満ちているタイミングに比べると引いているタイミングに挑戦する方が、より獲物に接近することが可能なので捕獲できる可能性も高まります。潮が引いているときは波の勢いがより増しているので、離岸流もより強くなり、非常に良い環境です。

このように、ヒラメは船釣りでしか釣ることができないという訳ではなく、その習性からサーフでも比較的簡単に狙うことができる魚の1つであることがお分かりいただけましたでしょうか。サーフで挑戦する際には、より集まる確率の高い離岸流が起こっているエリアを見極めることが重要であり、さらに離岸流が起こっている場所で引き潮になっているタイミングをピンポイントで狙うことができると、より高確率で遭遇することができるので、一度試してみることをおすすめします。