様々な魚

大阪で船釣りができる谷川港でヒラメの他に狙える魚

様々な魚

大阪で釣りをする方の多くは谷川港を訪れることと思いますが、谷川港で一体どのような種類の魚を釣ることができるのか気になる方は多いことでしょう。ヒラメが釣れることで有名な港ではあるものの、その他にも手に入れることができる魚はいくつかあります。そこで、これから谷川港で船釣りをしようと予定している方のために、どのような魚を釣ることができるのかについて簡単にご紹介させていただきます。

まず、大阪の中でも唯一といっていいほどのヒラメ釣りのスポットとなっている谷川港は、谷川の河口部分に位置する人気の港であり、大きく3つのポイントが存在し、北側にある防波堤と南側になる防波堤に加えて、東側にある発電所の近くの排水溝当たりにも魚が集まるため良いスポットです。また、谷川港は比較的一年中水温が高いことが特徴であるため、魚が集まりやすく、仕掛けなどを活用することでより効率的に狙った魚を手に入れることができます。

陸からの投げ釣りを全体的に楽しむことができる谷川港では、豊国崎や観音崎で特に色々な魚を釣ることができ、季節によって異なりますが、冬から春のシーズンにかけてはメバルが沢山生息しています。そして、夏から秋にかけてのシーズンではアジやタイを釣ることもでき、特に夜には遭遇率が高まるのでより大物を狙うのに最適です。それでも物足りないという人はより沢山の種類の魚を狙うことができる船釣りがおすすめで、自分のボートをたとえ持っていない場合でも観光用に申し込んで乗船することができる船が用意されているので、そのようなボートに乗せてもらうのも1つの手段です。

船釣りでは、ヒラメはもちろんのこと、タイやタチウオなどの比較的大物の魚を狙うことができます。特にタチウオは他の魚とかなり違った見た目が特徴的で、非常に細長い体型をしているので釣ることができた時の達成感も非常に高いですし、食用としてもおいしく食べることができるのでとても人気のある魚です。

タチウオを集中的に狙いたい場合には、シーズンである6月から12月の間がおすすめですが、特に最も多いのは8月から10月の時期です。このように、大阪で非常に人気のある谷川港では、ヒラメだけではなく、タイやアジやタチウオなど、食用としても美味しく食べることができる魚を何種類も釣ることができるスポットであるので、陸釣りでもよいですし、より沢山釣りたいという人は船釣りで挑戦してみてはいかがでしょうか。