大阪在住の人が船釣りでヒラメを釣る方法

船釣り時の船酔いを少しでも避ける方法

船釣りをする人にとって侮れないのは船酔いですが、とくに船釣りにあまりなれていない初心者に経験してしまう方が非常に多いです。しかし、正しい対策をすることで酔ってしまうリスクは下げることが可能なので、普段から乗り物に酔いやすいような人はとくに事前に対策をしておくことをお勧めします。船酔いを防ぐためのポイントについて、とくに簡単にできる対策方法を中心にいくつかご紹介させていただきます。

まずは、基本として船酔いは睡眠不足であったり疲れがたまっていたりすると起こりやすいため、できる限り船釣りをする前の日はいつもよりも早めに寝ることを心がけて、しっかりと疲れを取ってから挑むようにすることが大事です。睡眠が足りていないと集中力も低下してしまうので、釣り自体にも影響していまい、あまりよいことはありません。

そして、食事も船酔いに影響していて、お腹が空いている時や、逆に食べ過ぎてしまった時には船に酔いやすい状態になってしまうので、船釣りを始める前には軽めの食事をとることをお勧めします。釣りをしている最中も、長時間になるとお腹が空いてしまう方もおおいので、途中で軽くつまむことができるお菓子やおにぎりなどを持参するのも良いでしょう。

また、気温や体温が高い時にも船酔いはしやすいので、夏であればできる限り暑さ対策グッズを持参する方がよいですし、春や秋であればあまり着こみすぎずに少し涼しいくらいの服装をする方が良いです。そして、あまり締め付けがきつい服を着用してしまうと全身の血流が悪くなってしまい船酔いを悪化させる要因にもなるのでゆったりした服を選ぶ方が良いでしょう。

船酔いを避けることができれば一番良いのですが、どうしてもなってしまう場合はあるので、酔ってしまった場合には早めに休憩をして横になったり、すこし風にあたって休むのがおすすめです。あらかじめ酔い止めの薬を持っておくとより安心ですし、もし以前船酔いになってしまったという方がいれば船釣りを始める前に酔い止めを飲んでしまうのも1つの方法です。

このように、船酔いを避けるための方法はいくつかありますので、快適な船釣りを心行くまで楽しむためにも、くれぐれも睡眠不足や食事のとりすぎ、又は食事を抜いてしまうことなどのないように当日は体調を整えて臨むようにして、もし酔ってしまった場合には遠慮なく早めに休憩を取るなどして無理をしないように気を付けましょう。